NEWS

最新情報

【ビジネスマナー】常識ある社会人になるために学ぼう!

2017.06.01

WaNでは
『周囲の人たちからかわいがられる常識ある社会人になる』 ために、
1年次にビジネスマナーを勉強しています。

「企業は人なり」という松下幸之助さんの有名な言葉があります。

社員を大事にし、社員を成長させてくれる企業っていいですよね。
それでは、そのような企業で働く社員はどうでしょう。

挨拶もできず、
敬語も使えず、
締切も守らず、
注意をするとふてくされたり泣いたり・・・では、企業も社員を大事にしたくなくなってしまうのではないでしょうか。

企業は働いている人への努力を惜しまず、また、働いている人は企業への努力を惜しまずという関係を保つことが、とても大切だと思います。
両者が気持ちよく働ける環境をつくるために、また、お客様や取引先と気持ちの良い関係を築いてもらえるように、
ビジネスマナーを学び、社会で活かしてほしいと願いを込めて授業をすすめています。

前置きが長くなってしまいましたが、本日の授業テーマは「質問する、メモをとる、報告する」でした。
2年生の先輩のもとへ行き、二つの質問に答えてもらい、私に報告をするというものです。

写真1
ちょっとメモをとることに必死になりすぎているので、そこはこれから改善ですね!!

写真2

そして毎回覚えてもらいたい接遇用語を使うようにしてもらっています。

先週は「ただ今、お時間よろしいでしょうか。」でしたが、
今週は「お疲れ様です。」を必ず使ってもらいました。

1回や2回ではなかなか身につかないかもしれませんが、
繰り返し行うことで定着をすると考えますので、
恥ずかしさを取り除き、どんどん身につけてくれたら嬉しいですね♪

このページのトップへ