NEWS

矢崎潤先生特別講義★「犬が犬らしく生きるために必要なこと」★

2009.07.29

7月23日(木)24日(金)の二日間、「AAA概論」「人と動物の関係学」の講義のために、しつけインストラクターの矢崎潤先生(JAHA認定家庭犬しつけインストラクター)が来校されました。

講義のテーマは「犬が犬らしく生きるために必要なこと」です。

img20090817_p (1)

「犬が犬らしく生きるために必要なこと」って、皆さんは、何だと思いますか??
それは「犬の行動欲求を満たすこと」です。

基本的には、
①臭いをかがせる
②かじらせる
③散歩をさせる、
④周りと接触させる
⑤健康を維持させる
とのことです。

しかし!!

自分が「さぁ犬を飼おう!」となったときは、
「この子の原産国はどこなのか?」
「この子が作られた目的は何なのか?」
ということも調べておかなければなりません。

例えば・・・

今や愛玩犬種と言われる「ポメラニアン」
原産国→ドイツ
作られた目的→牧畜用(吠え立てて牛を追う)

つまり「もともとは牧畜犬として吠えたり走り回っていたんだな~」ということを知って、それにあった飼育方法をするということです。
その犬にあった環境で飼えないのなら、いくら大好きな犬種でも「飼うのは我慢する」という決断も必要です。
ちなみに、ポメラニアンはよく吠える犬ということで「ベルドッグ」とも呼ばれています。
他にも牧羊犬種、作業犬種など、グループごとに教えていただきました。

ただし、犬にも人間と同じように個性があります。
同じ犬種であるから、同じ性格であるということは言えません。
まずは自分の飼っている、もしくは飼おうとしている犬のことを知りましょう。
そして「犬が犬らしく生きるために必要な行動欲求を満たしてあげる」ことが飼い主の責任であることを十分自覚しましょう。
そのようなことを飼い主さんに、ちゃんと教えてあげられる「プロ」になりましょう。
・・・ということを矢崎先生は教えてくださいました

まずは自分が無知であればそれを知ること!
自分の認識が間違っていたのであれば、それを正すこと!!
このことを再認識する講義でした。
(ほんのアウトラインだけのご紹介でごめんなさい。実際はもっともっと濃い内容です)

このページのトップへ