NEWS

Tタッチ・プラクティショナーセミナー開催!②

2012.08.22

みなさんこんにちは

①に引き続きTタッチ・プラクティションセミナーの内容をお伝えします!!
今回はセミナーの内容に触れていきます(*・ω・*)

まずは自分自身のからだのバランス。
ふっと力を抜いた状態の方が
身構えた状態より柔軟に対応することができます
1815_large

周辺視野を広げ
出来るイメージを持つことが大切ですよ!

Tタッチには動物の名前のついたタッチの仕方がたくさんあります

学生の皆さんが一番に教えてもらうのは、
指の腹を使った『Clouded Leopard(雲豹)』のタッチ
他にも、『アワビ』、『アライグマ』、『ニシキヘビ』、『ラマ』、『熊』
種類はたくさん!!

そして、リードを付けられている側にもなってみて
1816_large

ハンドリングされてみての感想を聞きます

1817_large
ハンドラー(リードを持つ人)が代わると、
ハンドリングの上手な方がとてもよくわかります

からだのバランスをとるため
タッチ以外にも、道具を使うこともあるんですよ
1818_large
フィールドワーク(簡単な障害物を使って歩かせる方法)
試してみながら、アドバイスをもらいます
1819_large

1821_large

WaNファミリーのみんなと実践してしっかりやり方を学びました
改めてWaNファミリーと向き合える
大変良い機会になりました

次回は犬以外の動物、猫やうさぎなどのスモールペットに行った
Tタッチの様子をお伝えしますのでお楽しみに~

このページのトップへ