NEWS

子犬ができ易い時期ってあるの?~ブリーディングで必要な知識と技術~

2017.12.19

みなさんヽ(・∀・)ノ

ワンちゃんにも

「赤ちゃんができ易い時期」があるのをご存知ですか??

 

それを知るためには、

動物病院で顕微鏡検査をするとわかります!

 

今日はその実習の様子を覗いてみました|д゚)チラ

 

まずは、宮川保獣医師による診察。

みたらし

ちょうど発情中だったWaNファミリー みたらしちゃん。

陰部の腫れ具合を確認したり、

交尾するときの受け入れ態勢など、詳しく教えていただきました。

獣医師は、動物の様子や症状、検査結果を見て、総合的に判断していきます。

 

続いて、

みたらしちゃんの陰部を綿棒で拭き取り、細胞を採取!

(写真撮りそこねちゃいました~・゜・(ノД`)ウゥ・゜・)

 

スライドガラスに細胞を乗せたら、染色!

 

染色1

染色2

獣医師から、染色のコツや注意点を細かく教えてもらいます!

 

キレイに染まったら、いよいよ顕微鏡で検査!

 

 

顕微鏡2

顕微鏡3

どんな細胞が見えてるかな?

それはどういう意味(=時期)を示しているかな?

あとどのくらいしたら交配適期、つまり、赤ちゃんができ易い時期かな?

 

顕微鏡で見える細胞から、

将来の赤ちゃんが見える!?のです~~~~\(//∇//)\

 

 

「ブリーディング」と聞くと、

犬や猫の繁殖業者(ブリーダー)だけがやっていることだと思っていませんか?

 

実は、

ペットショップの中では、

自家繁殖している企業もあります。

 

それに、

愛犬が知らぬ間にお腹に赤ちゃんが出来ていた!!((((;゚Д゚))))

なんてことがないように、

繁殖の知識は案外大事!!

 

 

今後もいろんな実習をご紹介します!

このページのトップへ